Yahoo! JAPAN 政策企画

有識者による討論企画「熟論 日本の課題」をリリースしました。第一回のテーマは「生活保護」です。

今回はYahoo! JAPAN政策企画にて立ち上げました、有識者による討論企画についてご案内します。

いま、日本は政治や経済等多岐に渡る分野において様々な課題を抱えています。その各分野の課題を深く考え、またこれを解決しようとされている有識者に討論いただく企画、『熟論 日本の課題』をリリースしました。

その第1回目は、『生活保護』をテーマとして採りあげます。
なぜいま生活保護受給者数は過去最多を更新し、そして今後も増加が予想されるのか。
生活保護について深い問題意識をお持ちの片山さつき議員と長妻昭議員にディスカッションいただき、東洋大学経済学部教授の松原聡先生にモデレータをしていただきます。生活保護の背景や受給者数過去最多の原因、そして今後の展望などについてじっくりと議論をしていただきます。

6月12日(水)19:30~21:00にリアルタイム配信を行いますので、ぜひご覧いただき、日本の抱える大きな課題の一つである生活保護について考えてみてください。なお、後日アーカイブを掲載する予定です。
皆様が、日本の政治や経済等についてより深くご理解いただくきっかけにでもなれば幸いです。

2013年6月12日(水)19:30~21:00  リアルタイム配信
熟論 日本の課題 『生活保護を語る ―どうして? 過去最多の受給者数-』

URL: http://docs.yahoo.co.jp/info/jukuron/01/index.html
Twitterハッシュタグ:#jukuron

パネリスト:
片山さつき議員(自民党、総務大臣政務官)
長妻昭議員(民主党、元厚生労働大臣)

モデレータ:
松原 聡教授(東洋大学経済学部)

内容:6つのテーマ (※内容は変更になる場合があります)
1.生活保護制度って?
生活保護は、「どんな人」に対し「何が」支給される制度なのか、受給者の数はどれくらいか。「健康で文化的な最低限度の生活」「勤労の義務」の意義も絡め、生活保護制度の基本と現状を語る。

2.悪用される生活保護
二重受給、所得隠しや暴力団組員による不正受給のほか、生活保護の仕組みを悪用した貧困ビジネスも横行。あの手この手で巧妙に仕掛けられる新たな手口を追及する。

3.本当に必要なのはどんな人?
収入の多い著名人の家族が生活保護を受給していたケースなど、モラルの欠如が取り沙汰されることも。違法ではないため多種多様な意見があるが、改めて問題点を整理する。

4.“最低限度の生活”って?
生活保護でもらえる金額が最低賃金より多いことなどから、「働かない方がましだ」という声も聞こえてくる。"最低限度の生活"とは何か、適正な保護について考える。

5.国と自治体の役割
大都市にある一部の自治体では、生活保護受給者の増加により財政圧迫やケースワーカー不足などの問題を抱えている。自治体が抱える課題に対して国はどのように関与すべきか。国と自治体の関係をもう一度考え直す。

6.生活保護の未来
これからの生活保護はどうあるべきか。現状の課題を解決する方策はあるのか。生活保護の未来を語る。