Yahoo! JAPAN 政策企画

ネット上の違法・有害情報に対する新しい取り組み

今回はヤフーの違法・有害情報に関する新しい取り組みを紹介します。

スマートフォンの急速な普及と、掲示板サイトやSNSなどのサービスの急増もあり、インターネット利用に関連したさまざまな事件が毎日のように新聞やテレビなどで報道されています。

わいせつ画像や脱法ドラッグの取引情報などに代表される違法・有害情報は、日本国内のサーバーからの削除は、事業者の自主的な取り組みもあり排除対策が進んでいます。しかし、日本国内の対策を逃れるため、海外のサーバーを活用するケースが増え、国際的な即応体制はまだ充分とは言えません。

そこで、ヤフーでは、アルプス システム インテグレーション(株)、ピットクルー(株)と共同で、一般社団法人セーファーインターネット協会(SIA)を設立し、違法・有害情報の排除施策である「セーフライン事業」を2013年11月11日に開始しました。

セーフラインでは、インターネットを利用しているみなさまから、違法・有害情報に関する通報を受け付け、国内外問わず、問題のある情報の管理者に対して削除を促したり、違法情報については警察への通報を行っています。一方で、この種の取組みが「表現の自由」の観点から行き過ぎたものとならないよう、大学教授や弁護士からなるアドバイザリーボードを設けて、その妥当性について客観的な視点からアドバイスをもらう体制を確立しています。

インターネットを見ていて、問題だなと思う書き込みを目にしてしまったことはありませんか? 日本のインターネットをよりよいものにするため、セーフラインに違法・有害情報の提供のご協力をお願いいたします。

▼セーフライン公式サイト
http://www.safe-line.jp/

▼一般社団法人セーファーインターネット協会公式サイト
http://www.saferinternet.or.jp/