Yahoo! JAPAN 政策企画

Yahoo!公金支払い

今回は、地方公共団体の税料金やふるさと納税(寄附金)をクレジットカード納付することができるYahoo! JAPANのサービス『Yahoo!公金支払い』を紹介いたします。

税料金などのクレジットカード納付は、平成18年6月7日公布の地方自治法の一部改正で、指定代理納付者による歳入の納付が規定されたことにより、可能となりました。

指定代理納付者は、歳入の納付に関する事務を適切かつ確実に遂行できる者として首長により指定され、クレジットカード会社などが指定代理納付者になることができます。

住民が税料金などの納付をおこなう場合、通常はコンビニエンスストアや金融機関に足を運ぶ必要があります。また、手元に現金や残高がないと納付ができないため、納期限内に納付できないケースも見受けられます。

Yahoo! JAPANでは、「住民の利便性」と「地方公共団体の納期内納付率」の向上を目的に『Yahoo!公金支払い』を提供したところ、住民の利便性のほか、地方公共団体において以下のような貢献ができました。

1. 納期内納付率の向上
自動車税や市区町村税料金の徴収において、納期内納付率の向上により地方公共団体が督促に関わる業務コストの削減につながりました。

2. セキュリティ管理体制への貢献
水道料金の継続的なクレジット払いにおいて、利用者自らがインターネット申し込みをすることで、地方公共団体側でのクレジット情報の管理をおこなう必要がなくなりました。

3. 地域活性化
ふるさと納税において、インターネットによる納付環境を整備し特典・特産品のPRをあわせることで人口5千人弱の町が、年間で1億7千万円を超える寄附金を集めている事例があり、地域活性化の一助となっています。また、ふるさと納税制度については、総務省の『ふるさと納税に関する調査結果(平成25年9月13日)』を踏まえ、総務省から各都道府県、市区町村に対して「寄附金の収納方法の多様化を図ること」など、このような取組が効果的である旨が周知がされているところです。

5月は多くの都道府県において自動車税の納付時期です。平成26年度から新たに、千葉県、神奈川県、静岡県、愛知県を加えた計18県で『Yahoo!公金支払い』から自動車税の納付が可能となりました。対象地域の皆様におかれましては、ぜひご利用ください。
Yahoo! JAPANはこれからも課題解決エンジンとして、住民や官公庁向けに、より良いサービスを提供できるように努めてまいります。

Yahoo!公金支払い 
http://koukin.yahoo.co.jp/