Yahoo! JAPAN 政策企画

復興デパートメントを通じた復興支援

2011年3月11日の大規模な地震、津波、原発事故によって、被災地となった東北は多くのものを失ってしまいました。
そのような中、「自分たちの故郷をなくしてはならない」という強い想いを持つ人たちが集い、2011年12月、ひとつのプロジェクトが立ち上がりました。

東北の息吹を感じる想いのこもったさまざまな商品を紹介していく、復興デパートメントです。復興デパートメントでは、ハンドメイド品から産地直送品、伝統工芸品などの、東北のさまざまなモノや復興を目指す人たちの想いを皆さまにお届けしています。

http://www.fukko-department.jp/


この復興デパートメントが、どの程度復興支援につながっているのか。
復興デパートメントでは、2011年12月から2013年12月までの2年間で、合計取扱額は約2.8億円でした。
この約2.8億円は、あくまで復興デパートメントで取引された額です。大和総研の調査によると、この約2.8億円分のモノが作られ、販売されたことによる経済波及効果は約6.2億円にものぼりました。
また、復興デパートメントを通じて売り上げが伸びることにより、新たな雇用の創出にもつながっているという調査結果でした。

復興支援にはさまざまな方法があります。
復興デパートメントを通じた復興支援は、数ある支援策の一つに過ぎませんし、他の支援策と比べて大きなものとは言えないかもしれません。
しかし、被災地の産業を活気づけ、雇用の創出につなげていくという取組は、被災地の方々の自立を助け、自分たちの力で地域を取り戻していくための非常に重要な取組だと考えています。
ぜひ、皆さまにも復興デパートメントをご利用いただき、被災地の復興につなげていただきたいと思います。