Yahoo! JAPAN 政策企画

児童ポルノ禁止法の改正について

2014年7月15日に改正された「児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護に関する法律」(以下では、「児童ポルノ禁止法」といいます)が施行されました。

児童ポルノは、児童に対する性的搾取や性的虐待といった児童に対する重大な権利侵害をもたらすものです。日本では、1999年に、児童に対する性的搾取や性的虐待から児童を守るために、児童ポルノ禁止法が作られました。その後、2004年に改正がなされましたが、インターネットの発達に伴い児童ポルノ被害が増加していることや児童ポルノの単純所持を処罰すべきという意見が強まってきたことなどから、今回の改正がなされました。
今回の改正の主な点は、児童ポルノの定義の明確化がなされたことと児童ポルノを所持しているだけでも処罰される単純所持罪が導入されたことです。
児童ポルノの定義については、あいまいであるという批判がありました。今回の改正では、あいまいであると批判されていた定義規定(法2条3項3号)につき「衣服の全部又は一部を着けない児童の姿態であって、殊更に児童の性的な部位(性器等若しくはその周辺部、臀部又は胸部をいう。)が露出され又は強調されているものであり、かつ、性欲を興奮させ又は刺激するもの」として、太字部分が追加され、対象部位の明確化等が行われました。
また、児童ポルノの単純所持は、従来規制されていませんでしたが、今回の改正では、「何人も」、「みだりに児童ポルノを所持」してはならないとして、単純所持を禁止する条文ができました(法3条の2)。さらに、「自己の性的好奇心を満たす目的」で、児童ポルノを所持している場合には、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処せられるという処罰規定も作られました(法7条1項)。なお、この単純所持罪の処罰規定は、法律の施行から1年間は適用されないこととなっています。
今回、定義の明確化がなされましたが、児童ポルノに該当するかどうかの判断は依然として非常に難しい問題であるため、改正を受けた警察等の法執行機関の運用に注目が集まっています。

Yahoo!JAPANでは、インターネット上の児童ポルノの問題について、2011年から一般社団法人インターネットコンテンツセーフティ協会(ICSA)の設立を主導するなどして、流通防止策の推進に取り組んでいます。(参考:「児童ポルノ対策に関する国内外の動向(1)」http://publicpolicy.yahoo.co.jp/2014/01/2222.html
ブロッキングの流れ
(ICSAホームページより引用。http://www.netsafety.or.jp/blocking/