Yahoo! JAPAN 政策企画

特許庁で「NO!模倣品・海賊版 もっと知りたい!インターネットショッピングにおける模倣品・海賊版から身を守る方法」パネルディスカッションが開催されました

2017年1月20日、特許庁で、「NO!模倣品・海賊版 もっと知りたい!インターネットショッピングにおける模倣品・海賊版から身を守る方法」パネルディスカッションが開催され、Yahoo! JAPANも登壇しました。

当日は、“模倣品・海賊版から身を守るために消費者は何をすればよいか”というテーマでパネルディスカッションが行われました。パネリストとして、一般社団法人ユニオン・デ・ファブリカン、楽天株式会社、株式会社メルカリ、Yahoo! JAPANが登壇しました。

インターネットショッピングは私たちの生活の中でどんどん当たり前のものになって行き、たいていの商品は、店舗に行かなくてもインターネットですぐに購入できるようになりました。その一方で、模倣品・海賊版をインターネット上で販売しようとする者も現れています。

Yahoo! JAPANでも、ヤフオク!やYahoo!ショッピングにおいて自主基準に基づくパトロールを行ったり、Yahoo!ショッピングでの出店審査を行ったりするなど、独自の取り組みにより、模倣品・海賊版対策を行っています。
また、ユーザーに向けて知的財産権の保護についての情報を提供する「知的財産権保護ガイド」や、各ブランド権利者と連携して、知的財産権を保護する「知的財産権保護プログラム」などの取り組みも行っています。

パネルディスカッションでは、特許庁をはじめとする関係省庁、ブランド権利者、サイト運営事業者それぞれの力を合わせて、模倣品・海賊版を排除する努力を今後も継続して行くことが議論されました。また、ユーザーの皆様も、「模倣品・海賊版を絶対に買わない」という意識を持ち、模倣品・海賊版の排除のためにできることを一緒に取り組んで行って欲しいという意見で一致しました。

なお、このパネルディスカッションの詳細については、特許庁からイベントレポートがリリースされています。また、キャンペーンページでは、ニセモノに騙されないための「買い物前のチェックポイント」が紹介されていますので、是非あわせてご覧下さい。
■特許庁 模倣品・海賊版撲滅キャンペーン http://www.jpo.go.jp/mohouhin/28fy/campaign/
■特許庁 イベントレポート http://www.jpo.go.jp/mohouhin/28fy/campaign/download/pdf/discussion_report.pdf

より魅力的なインターネットサービスの実現のために、これからもYahoo! JAPANはさまざまな取り組みを行って参ります。
(H.U)

カテゴリー「知的財産」の記事