Yahoo! JAPAN 政策企画

Safer Internet Day 2017の開催

2月7日は、世界100カ国以上で公的機関、市民、企業などが連携して、インターネットの安全な利用環境の実現に向けた活動が行われる、Safer Internet Day(セーファーインターネットデー)でした。日本でも、このセーファーインターネットデーを記念したイベントが開催され、Yahoo! JAPANも共催者の一つとして参加してきましたので、ご報告します。

2月7日、この世界的なセーファーインターネットデーの活動に賛同し、日本では、ECPAT/ストップ子ども買春の会、日本ユニセフ協会、Google Japan、Yahoo! JAPAN、セーファーインターネット協会(SIA)の共催のもと、相談機関、非政府組織(NGO)、企業、行政機関など、さまざまな立場の人々が集まって「児童ポルノ・リベンジポルノ被害対策のための実務者連携会議」が開催されました。

当日の会議の様子は、こちらのセーファーインターネットデーの活動紹介ページで紹介されています。Yahoo! JAPANは、これまでもインターネット上の児童ポルノやリベンジポルノへの対策について、個社として、自社サービスからの違法・有害情報の排除、警察の捜査への協力、青少年向けの啓発活動などを進めてきたほか、業界全体が協力する枠組みにも主体的に参加してきました。児童ポルノやリベンジポルノを含む、さまざまな違法・有害情報について通報を受け付け、個人に代わって削除依頼を行うセーファーインターネット協会(SIA)の取り組み、児童ポルノのブロッキングにあたって必要となるアドレスリストの作成・管理などを行うインターネットコンテンツセーフティ協会(ICSA)の取り組みなどは、その例だといえます。

今回の連携会議は、児童ポルノやリベンジポルノなど、個人に深刻な被害を及ぼす違法・有害情報について、いかに実効的かつ迅速に削除を実現するか、いかに被害者をケアしてくべきかについて、実務上の課題を解決していくことを目的としています。Yahoo! JAPANは、これまでにもさまざまなインターネット上の違法・有害情報対策に取り組んできました。そのような取り組みを通じて蓄積してきた経験を踏まえれば、問題の実効的な解決にあたって重要なのは、新たな法律の導入などの大掛かりな取組みではなく、実務の現場の課題を一つ一つ解決していくことである場面が多々あるということです。

この会議は、まさに現場で各機関・団体が直面している実務課題を解決していくことで、児童ポルノやリベンジポルノの被害者の支援を強化していくことを目的としており、Yahoo! JAPANもその趣旨に賛同しています。今後、実務者間の連携を深めるにあたって、Yahoo! JAPANも主体的に参加し、少しでも被害の軽減や抑止、被害者のケアに貢献できるよう努めてまいります。

(N.Y)