Yahoo! JAPAN 政策企画

「低年齢の子どもとインターネット」ー子どもネット研第八期活動を通して

2017年3月28日、Yahoo! JAPANが事務局を務める「子どもたちのインターネット利用について考える研究会(座長:お茶の水女子大学 教授 坂元 章、以下「子どもネット研」)」は、2016年7月から取り組んできた第八期調査研究活動「低年齢の子どもとインターネット」の活動報告書を発表し、未就学児のスマートフォン利用に不安を感じる保護者向けに「セルフチェックリスト」の提供を開始しました。

「スマホ育児」などと、乳児・幼児からの情報機器・インターネットへの接触による、心身発達への悪影響が懸念される状況を受け、「低年齢の子どもとインターネット」をテーマに第八期調査研究活動に取り組んできました。

今回、調査研究の一環として実施した「未就学児の生活習慣とインターネット利用に関する保護者意識調査」では、2015年の総務省による先行調査「未就学児等のICT利活用に係る保護者の意識に関する調査」と比べ、未就学児利用の大幅な増加が見られるとともに、多くの保護者が何らかの不安を感じながらも、いわゆる「スマホ育児」とは無縁ではいられない状況にあることがわかりました。
参考:「スマホ育児」の実態と課題 -保護者の意識調査を終えて
https://publicpolicy.yahoo.co.jp/2017/02/1617.html

また、情報機器の利用が子どもの発達に与える影響についての学術研究の文献調査や、先進的な教育啓発実践例の視察などを通し、保護者に今、伝えるべきことと、適切な伝え方の整理を、さまざまな分野の有識者に協力を得ながら進めてきました。

今回提供する「保護者向けセルフチェックリスト」は、「機器利用の時間や場面」「情報の内容と保護者の関わり方」「機器の与え方」「保護者自身の知識や使い方」という4つのジャンル別に設問を通し、現時点での各家庭の取り組みの適切さが簡単に自己診断できます。また、解説シートを通し、懸念すべき点についての正確な知識も習得することができるようになっています。


(イメージ:保護者向けセルフチェックシート)

セルフチェックを通し、ご家庭での現在の利用状況を振り返るとともに、お子さんのより良いメディア利用習慣を育むために、ご家庭での利用ルールについて、改めて考えてみるのはいかがでしょうか。

(H.S)

■ 子どもネット研第八期分活動報告書(2016年7月〜2017年3月)
http://www.child-safenet.jp/activity/2757/
■ 未就学児の情報機器利用 保護者向けセルフチェックリスト(3歳から6歳)
http://www.child-safenet.jp/material/

カテゴリー「消費者教育」の記事