Yahoo! JAPAN 政策企画

国際情報通信技術見本市CeBIT 2017に参加しました

2017年3月20日から24日にかけて、ドイツのハノーバーで国際情報通信技術見本市「CeBIT 2017」が開催され、Yahoo! JAPANが初めて参加しましたのでご紹介します。

CeBITはIoT、ビッグデータ、クラウドなど、ITビジネスに特化した世界最大級の専門展示会で、今回、日本は初めてパートナーカントリーとして、ジャパン・パビリオンを出展しました。CeBITへのパートナーカントリーとしての参加は、日本の優れた技術や製品、サービスを世界に向けて発信する絶好の機会であり、情報通信技術分野のさらなる発展が期待されます。これを機にYahoo! JAPANもCeBITに初参加し、世界中どこからでも、適切なターゲットに広告や情報を届けることができる広告ソリューションや、ビッグデータ活用事例を紹介しました。

5日間の会期の初日には、安倍首相とメルケル首相が会場内を巡覧し、出展者と会話しながら、最新のテクノロジーを視察しました。会場を実際に歩いてみましたが、ソフトバンクのロボットPepperの周りには多くの人が集まり、英語やドイツ語でPepperと会話をしていたほか、VRや自動運転体験などの体験型の展示は多くの人で賑わっていました。顔認証によるセキュリティシステムや介護用ロボット、医療用カメラなど、私たちの生活を守るためのさまざまな最新テクノロジーが紹介されており、非常に興味深かったです。



また日独政府はハノーバー宣言(第四次産業革命に関する日独共同声明)に署名し、社会課題解決に向けて、IoT推進など各分野で両国の連携を進めることに合意しました。
(経済産業省リリース:http://www.meti.go.jp/press/2016/03/20170320002/20170320001.html )
目覚ましく発達する情報技術の最先端に触れ、改めてITと社会の関わりについて考えさせられました。Yahoo! JAPANはこれからも、ITの力で人と社会の課題を解決し、日本をUPDATEしていきます。

(A・N)

カテゴリー「外部会合等」の記事