Yahoo! JAPAN政策企画

熟論 日本の課題

経済政策~経済成長への道筋~

1

はじめに、経済成長への道筋の確認

(動画:4分56秒)
議論の前提として、経済成長のための道筋は一般的にどのように考えられているのかを解説する。

続きを読む

2

アベノミクスの現在の実績

(動画:22分6秒)
アベノミクスのこれまでの実績とその評価について議論する。

続きを読む

3

企業の内部留保、現預金保有、設備投資

(動画:21分13秒)
企業はお金を使わずに溜め込んでしまっている。企業に設備投資をさせるためにどのような施策が効果的であるかを議論する。

続きを読む

4

賃金と生産性

(動画:16分45秒)
賃金を向上させるためには生産性を上げなければならない。その生産性を上げていくために国は何ができるのかを探る。

続きを読む

5

賃金と経済成長

(動画:18分3秒)
所得が少ない層が増え所得の多い層が減っているという状況は経済成長にどのような影響を与えているのか、経済成長のためにはどのように変えていくべきかを議論する。

続きを読む

6

総括コメント

(動画:4分59秒)
登壇者から本日の議論を総括。

続きを読む

ダイジェスト

経済成長への道筋を探る「熟論 日本の課題」

(動画:2分25秒)
討論会を通じて気になるポイントをダイジェスト映像を交えて紹介します。

続きを読む

登壇者プロフィール

西村 康稔
内閣府副大臣(経済再生、経済財政政策、TPP、社会保障と税一体改革、健康・医療戦略、PFI、NPO等担当)

西村 康稔
1962年生まれ。神戸大学附属明石中学校、灘高校、東京大学法学部卒業。通産省入省後、米国メリーランド大学院で国際政治経済を学び修士。1999年、通産省環境立地局調査官を最後に退官。2003年衆議院議員総選挙において初当選。2009年、自民党総裁選立候補。2014年に5期目の当選を果たす。この間、外務大臣政務官、党政務調査会副会長、党改革実行本部副本部長、選対事務局長などを務めるとともに、議員立法で「海洋基本法」「宇宙基本法」等を制定。現在、自民党において「日本・AU(アフリカ連合)友好議員連盟」事務局長などを務めるほか、超党派の「新世紀の安全保障を確立する議員の会」事務局長、「日本・インド友好議員連盟」事務局長等、要職も多数。

大久保 勉
参議院財政金融委員会筆頭理事

大久保 勉
1961年福岡県久留米市生まれ。京都大学経済学部卒業後、東京銀行(現 三菱東京UFJ銀行)入行。為替資金部、ニューヨーク支店等。1994年モルガン・スタンレー証券会社入社。マネージング・ディレクター等。2004年参議院議員初当選。2010年再選。2012年財務副大臣。2013年参議院経済産業委員長。2014年9月から参議院財政金融委員会筆頭理事。民主党税制調査会副会長。著書『エクセレントバンク』、『米国債権投資戦略のすべて』等。福岡大学・久留米大学非常勤講師。

鈴木 準
株式会社大和総研 主席研究員(パブリックポリシーリサーチ担当)

鈴木 準
1966年福島県生まれ。東京都立大学卒。90年に㈱大和総研入社後、経済動向、経済政策、法律制度などの調査研究に従事。資本市場調査部次長、経済調査部長、調査提言企画室長などを経て、現在は政策提言に関するリサーチを総括担当。主な書著に『人口減少社会は怖くない』(日本評論社)、『社会保障と税の一体改革をよむ』(日本法令)など。2014年には経済財政諮問会議「選択する未来」委員会 成長・発展ワーキング・グループ委員を務めたほか、現在は経済財政諮問会議政策コメンテーター、男女共同参画会議専門委員、社会保障制度改革推進会議専門委員などを務める。

モデレーター

別所 直哉
ヤフー株式会社執行役員社長室長

別所 直哉
1981年慶應義塾大学法学部卒業、1999年ヤフー株式会社入社。法務部長、チーフ・コンプライアンス・オフィサー(CCO)兼法務本部長、政策企画本部長を経て2013年より現職。

企画協力:大和総研

株式会社大和総研

大和総研は、大和証券グループのシンクタンクとして、リサーチ、コンサルティング、システムの3つの分野において、相互に連携し、付加価値の高い情報サービスを提供しております。リサーチ部門では、国内外のマクロ経済分析を始め、政策分析、金融・資本市場及び金融ビジネスの動向、金融税制、会計制度や環境政策、CSRなど長年の多岐にわたる調査分析活動を基に、信頼できる羅針盤役として、幅広い情報発信及び提言活動を行っています。

関連情報

フリップデータ(Adobe PDF形式 13.4MB)
所属・肩書き等は、全て収録時のものです。