Yahoo! JAPAN政策企画

より身近な選挙に

今年の夏には参議院議員選挙があります。今回の選挙は選挙年齢が18歳以上に引き下げられてからの初の選挙となる見通しです。しかし、今回の選挙で変わるところは、これだけではありません。投票率の向上に向けて、より投票をしやすくなるような制度改正がされました。

続きを読む

政策企画の20年を振り返って

4月1日、Yahoo! JAPANはサービスを開始して20周年を迎えました。我が国における黎明期から今日に至るまでインターネット分野で事業を続けてきた会社として、この20年はインターネットを巡る法制度についての議論に関わり、その整備や発展とともに歩んできた年月でもあります。今回は、その歴史の一部をご紹介します。

続きを読む

公開シンポジウム「未来をつくるアーカイブ:大規模災害情報の利活用に向けて」

かつて、災害に対する教訓や記録が石碑により後世に残されていました。その石碑には、「ヂシンガアッタラ、タカイトコロニアヅマレ」、「オカミノサダメタシキチヨリ、ヒクイトコロニイエヲタテルナ」といったことが刻まれています。
しかし、長い時間の経過と共に災害に対する意識が風化し、過去の教訓が活かされず、同じような過ちが繰り返されてきました。

続きを読む

Yahoo! JAPANの組織再編に関する課税処分についての最高裁判決(最判平成28年2月29日(平成27年(行ヒ)第75号))に寄せて

Yahoo! JAPANの組織再編に係る税務処理について2010年6月29日に麻布税務署長により行われた更正処分の取消しを求め、5年半にわたりYahoo! JAPANが行ってきた一連の争訟が終了しました。大変残念なことに、Yahoo! JAPANの主張が認められないという結果となりました。

続きを読む

インターネットエコノミーに関する日米政策協力対話(第7回局長級会合)・官民合同会合に出席

2016年2月25日、インターネットエコノミーに関する日米政策協力対話(第7回局長級会合)・官民合同会合が開催されました。
今回、Yahoo! JAPANはこの会合に出席しプレゼンテーションを行いましたので、ご紹介します。

続きを読む

18歳選挙はすぐそこ! 高校生による社会課題アイデアソン

選挙権年齢を20歳以上から18歳以上に引き下げる改正公職選挙法が、今年6月19日に施行されます。翌7月に予定されている参院選(参議院議員選挙)から適用される見通しとなっており、全有権者数の約2%、約240万人が新たに有権者に加わるとのことです。
この「18歳選挙」の開始を前に、「Yahoo!みんなの政治」では東京都や千葉県の高校で社会の課題解決をテーマとしたアイデアソンを開催しました。

続きを読む

Lアラートによる災害情報配信のレベルアップに向けたシンポジウム

2016年2月1日にLアラートによる災害情報配信のレベルアップに向けたシンポジウムが開催されました。
Lアラートとは、自治体の情報やライフライン事業者の情報等を一括して集めて報道機関やインターネット事業者等に配信するシステムです。現在その中心は、避難勧告、避難指示といった自治体の発令する避難情報になっています。

続きを読む

Yahoo! JAPAN's Measures and Views on Ivory Products in Japan

Based on the fact that Yahoo! JAPAN allows the legal sales of ivory products in its e-commerce services (namely, YAHUOKU! and Yahoo! Shopping), there are some misunderstood reports that Yahoo! JAPAN is gaining its earnings from illegal transactions. Yahoo! JAPAN has a zero-tolerance policy against any illegal transactions and does not allow acts that lead to the poaching and extinction of elephants.

続きを読む

象牙製品に関するYahoo! JAPANの現在の対応と考え方

現在、ヤフーがEコマースサービス(ヤフオク! 及びYahoo!ショッピング)において象牙製品の販売を認めていることに関して、違法な取引から収益を得ていると一部で伝えられています。ヤフーは違法な取引は一切許容していませんし、象の密猟や絶滅につながるような行為も容認しておりません。

続きを読む

消費者契約法専門調査会報告書において法改正すべきとされた論点について(後編、不当条項関係)

前回は、「消費者契約法専門調査会報告書」において速やかに法改正を行うべきとされた項目のうち意思表示の取り消しに関係する項目をご紹介しましたが、今回は不当条項についてご紹介します。
報告書に沿って記載していますので、各項目の詳細は報告書をご参考ください。

続きを読む